スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆パーツ・車の輸出&輸入 コンテナ編☆

  • 2015/12/10(木) 17:52:27

こんにちは。マイアックスコーポレーションの 村東 みやこ です。

今日は当ブログにお立ち寄り頂き、誠に有難うございます:)



ニュージーランドのパーツ会社からのご依頼で

当社では日本から中古パーツをコンテナ輸送しています。


10_20151210144950548.jpg 


そのコンテナが、先日クライストチャーチへ到着致しました。


IMG_20151124_164412_20151210144953777.jpg



 IMG_0240.jpg 



日本の中古パーツは、ニュージーランドで多く再利用されています。



パーツや車両輸送に関するお問い合わせはこちらから。
nzclassic_20151126170944d87.jpg

スポンサーサイト

☆ 中古車輸入代行:2005 トヨタ RAV4 ☆

  • 2015/12/07(月) 18:00:40

こんにちは。マイアックスコーポレーションの 村東 みやこ です。

今日は当ブログにお立ち寄り頂き、誠に有難うございます:)



輸入代行のお車が到着しました!


10_20151207145835f30.jpg 


今回はクイーンズタウンからのご依頼で

2005 トヨタ RAV4

の輸送でした。

今年到着分は、これで終了です。


当社では、日本からニュージーランドまでの
お車の輸送を承っております。

 日本国内のご自宅または車屋さんからの車両引取り
 日本の輸出通関・書類手続き全て
 リサイクル・自賠責保険返戻手続き
 船腹予約と船積手配
 ニュージーランドの輸入手続き
 輸入検査・MAF検査等手続き
 WOF・登録手続き
 クリーニング
 バンドエクスパンダー
 サービスメンテナンス
 修理・補修
 TOWBAR(牽引棒)取り付け



お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。

nzclassic_20151126170944d87.jpg 




タグ:ニュージーランド 中古車輸入 車の引っ越し 車の輸送

☆NZ向け輸入規制が変わります!☆

  • 2015/11/07(土) 19:25:10

こんにちは。マイアックスコーポレーションの 村東 みやこ です。

今日は当ブログにお立ち寄り頂き、誠に有難うございます:)


来年より、ニュージーランドへの輸入車両の規制に追加 条項が増えます。
お車によっては、今までは問題なく輸入できた車両でも
来年2016年3月以降は輸入できなくなる可能性が出て来ますので
ご注意ください。


該当車両は4WDです。


RAV4やCRVのようなSUVで
8人乗り以下の車両で4WDの場合

Electronic Stability Control(ESC)

がついている車両しか輸入車検に通りません。

このESCとは

横滑り防止装置

のことですが、メーカーによって呼び方は様々です。

このシステムが装着されているだけで
事故の発生率自体が大幅に削減されると言う優れモノです。


日本では2012年以降に新型車として販売された
又は、フルモデルチェンジされた乗用車には標準装備となっていますが
その前に販売されたものについては
オプションで付けられている車両のみに装着されています。
と言うことで、2011年以前のモデルに対するESC普及率は低いです。


該当車両を日本から購入したい

とお考えでしたら、今年末から来年初めには手配する必要がありそうです。


10_2015110716245512a.jpg

☆ 車両専用船へご案内します! ☆

  • 2015/10/28(水) 20:26:33

こんにちは。マイアックスコーポレーションの 村東 みやこ です。

今日は当ブログにお立ち寄り頂き、誠に有難うございます:)


先日、素晴らしい機会に恵まれまして
いつも当社の車両や、ご注文のあった車両を輸送している
車両専用船の荷揚げ作業を
地元クライストチャーチのリトルトン港まで見に行って来ました。


1_20151028172123c16.jpg 



クライストチャーチと言えば2011年2月に大地震がありまして
その時にこのリトルトン港も大きな被害に遭いました。
その爪痕はまだここに。。。


2_20151028172125411.jpg 

今も復興中です。



さて、船の中に入ってみます。

3_2015102817212611a.jpg 

リトルトン港で荷揚げされる車両たちが順番を待っています。


良く見てみると


4_201510281721280ce.jpg 

一台一台をきちんと固定して輸送しているのが分かります。


ですので、こんなにぎゅうぎゅうに積み込んでも大丈夫なのですね。


5_201510281721292ec.jpg 



船員さんたちの宿泊スペースにもお邪魔してしまいました(笑

6_201510281721465e4.jpg



7_20151028172148a0d.jpg 


日本からニュージーランドまで、航海日数片道4週間
ずっと船中で過ごすのも大変です。



それから、個人的に一番興味があった場所

8_20151028172150166.jpg
 

エンジンルームです。
6000馬力のエンジンが搭載されているので
停車中でもその迫力は圧巻です。


通常は、リトルトン港で検査を受けた車両たちが
当社のヤードへ搬送されたときから
私たちへと引き継がれるのですが
たまにはこうして全ての行程を把握しておきたくなるのです。笑


9_2015102817215132f.jpg 


ご協力頂きましたトヨフジ開運株式会社様、有難うございました!

☆ NZ向け:持って来甲斐のある車 ☆

  • 2015/09/21(月) 14:49:47

こんにちは。マイアックスコーポレーションの 村東 みやこ です。
今日は当ブログにお立ち寄り頂き、誠に有難うございます:)


昨日、無事個人輸入のお車の納車が完了しました。


10_20150921114658354.jpg


有難うございました。


個人的には、こういったお車こそ
日本から持ってき甲斐があると思っています。

例えば、この車を日本で買い取ってもらったり
オークションへ代行出品してもらったりすると
恐らく100万円前後が手元へ入って来る金額だと思うんです。

その100万円で、ニュージーランドで車を買っても、
このクラスの車両は買えません。

だったらば、その車をニュージーランドへ持ってくる選択をして
その場合、輸入にかかる全ての税金を計算に入れても
概算費用は5~6000ドル前後。

TradeMeで今販売するとして
このモデルのTradeMe価格は25000ドル前後です。
上手く売れれば、手元に残るのは20000ドル前後。

・・・。


今日は、皮算用的なお話でしたが(笑。


個人輸入のご相談はこちらからどうぞ。
nzclassic_201407301725148c2.jpg 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。