スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ フォルクスワーゲングループ排ガス不正問題について ☆

  • 2015/10/08(木) 13:14:18

こんにちは。マイアックスコーポレーションの 村東 みやこ です。

今日は当ブログにお立ち寄り頂き、誠に有難うございます:)


先月、世界中に大きく報じられたフォルクスワーゲンの排ガス不正問題。

日本では
クリーンディーゼル車はこれからというイメージですが
ニュージーランドでは既に人気があり
同社のディーゼル車は多く輸入されているので
大問題となっています。

フォルクスワーゲングループのアウディやシュコダを含む、全7700台程が
この不正ソフトウェアを搭載しているとの報告がありました。

該当車両は2009-2015年までに製造された
Tiguans, Passats, Amaroks, Golfなど。

ドイツ国内ではリコールが早くて来年の1月からスタートする予定です。

ディーゼルエンジンとその周りのパーツ調整や、修理等が必要になると言われていますが
その対応には少なくとも1年以上かかるとみられています。

ニュージーランドでも、フォルクスワーゲンニュージーランドから
該当する顧客に直接連絡を取ってこれからの手順を説明する
と言うことになっていますが

中古車で日本やヨーロッパから輸入された該当車両はどうなるのか?

その辺りの対応説明はまだありません。

もしかして、今持っているフォルクスワーゲンが該当するかも?

と言う場合は、こちらからチェックの上、フォルクスワーゲンに問合わせされることを
お勧め致します。

http://www.volkswagen.co.nz/diesel-emission-statement/


10_20151008101400c66.jpg 

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。